TOP
52.22score

リテシア

スポンサーKataribe

ジョギングするとき、快適に音楽を聞くには?

 ジョギングのとき音楽を聞くよね?
テンションが上がって走りやすくなるし、お気に入りの音楽があれば外にでるのに億劫にはなりにくい。
 さて、実際にイヤホンを付け、走ってみるとイヤホンがズレ落ちるのが気になったりしないだろうか?ズレ落ちるのを直しては、走り。ずれ落ちるかなと気にしながら、走る。さすがにやっていられませんよね。
単純に解決をするには、 下の画像のような耳掛け型のイヤホンにすると耳からズレ落ちるのを防ぐことができる。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


 とはいってもジョギングだけのためのイヤホン購入はちょっと…という人は、カナル型でもズレ落ちにくくすることができてしまう。
シェア掛けといった、普通の掛けた方とは違う付け方をする。下を見るとわかるが、耳の裏側にケーブルを通して、耳の上に巻き、手前に来たイヤーピースの付いている部分を耳に挿すといった付け方だ。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


 実はこれがカナル型イヤホンの本来の掛け方。シェアというのはイヤホンやヘッドホンを作っている会社の名前と言われている。
こうすると、ジョギングしていてもズレ落ちることを気にすること無く、集中することができる。
 他にもこの掛け方にはメリットがある。タッチノイズと呼ばれるノイズを軽減する。タッチノイズとはイヤホンのコードが服などに触れてでるガサッ、ゴソッと言った音だね。なぜかと言うと、耳の上のところでノイズが吸収されるから。
 もう一つのメリットはケーブルが隠しやすいことだね。普通の付け方で前にケーブルを出しているとぷらんぷらん揺れてうっとうしいでしょ。もう慣れて気にならないという人もいるだろうけど、この付け方をして背中に這わせてプレイヤーをポケットにいれるなりすると、とても快適。
 
 まとめとしては、ジョギングにイヤホンがズレるのが気になるという時はぜひシェア掛けをしてもらえると、手間の割にはすっごく快適です。ズレない落ちないし、音も良く聞こえるようになる。

.

最終更新日:2015-04-04 15:57

コメント (0)