TOP
44.72score

リテシア

スポンサーKataribe

オーラルケアの基本、歯磨きを制す

どんな人でもどんな時でもオーラルケアに使うのが歯ブラシと歯磨き粉です。オーラルケアには様々なテクニックやグッズがありますが、歯磨きをしない人はいません。すなわち、これらに一番気を使えば、虫歯や口臭等の予防はもちろん改善に関わってくる度合いが大きくなり結果的に労少なくオーラルケアをすることができます。症状別に歯ブラシや歯磨き粉を選ぶポイントを紹介します。

○虫歯ができやすい人
・歯ブラシ(毛の硬さ:”ふつう”、ヘッド:”小さめ”、毛先&柄:”まっすぐ”)
虫歯が出来やすい人は口の中に汚れが残りやすい状況になっています。歯にこびりついたプラークをしっかり落とさなければなりません。この話を聞くと、毛の硬さを”かたい”を選びたくなりますが、”ふつう”がいいです。硬すぎるものでゴシゴシしてしまうと、歯茎やエナメル質を痛めてしまうからです。
そして歯ブラシのヘッドは”小さめ”、これは奥歯に届きにくくなるからです。毛先は山型のものや先端が細いものですと、歯とブラシの間がフィットさせるのが難しくなり、磨き残しを作りやすくなるためです。

・歯磨き粉(フッ素濃度が高い、殺菌剤、研磨剤も考慮)
フッ素濃度が高いのが良いのは前提で、これが歯の表面に届かないといけないのですが、歯の汚れがひどいと効果がありません。なので、研磨剤の成分も考慮にいれてください。ただ、歯の表面も傷ついてしまうことに注意してください。

○歯周病の人
・歯ブラシ(毛の硬さ:"やわらかめ"、毛:"ほそめ"、毛のカット:テパード加工)
歯周病の方は歯茎が弱っています。硬いと歯茎にダメージを与えてしまうので、やわらかめを選択します。歯と歯茎の境目に汚れが残ることが多いため歯周病となっているので、間に毛先が入りやすいように毛は細めを選びます。また、歯茎にやさしい、毛の先端が丸まっているテパード加工のものが良いですね。

・歯磨き粉(殺菌剤、消炎剤、止血剤)
歯周病のそもそもの原因を抑える殺菌剤が入っているものが良いです。また、歯茎の腫れを抑えるための消炎剤、血を止めるための止血剤を重視して選びましょう。できればこれは歯科医院の指示のあった製品がいいです。

○歯の黄ばみが気になる人
・歯ブラシ(ラバーゴム)
歯ブラシの毛束の中に、ラバーゴムが入ってるものを選びます。これ自体が白くするわけではないですが、研磨剤が中にたまって歯の表面の黄ばみを落としやすくなります。

・歯磨き粉(研磨剤)
歯の表面の着色を落とすには、研磨剤が入っているものを選びます。歯の表面についた黄ばみを研磨剤の入った歯磨き粉で磨くと落とすことができます。気をつければならないのが、歯の表面まで磨いて傷をつけると、次に黄ばみが付きやすくなることです。

.

最終更新日:2016-08-16 22:16

コメント (0)